Array ( [0] => [1] => project-tachikoma )

コミュニケーションロボット・タチコマによる 商品受け渡しサービス実証実験 始動!

人気アニメシリーズ『攻殻機動隊』の世界への第一歩
アプリで育てた自分だけの「タチコマ」が実店舗で接客してくれる!




「攻殻機動隊 S.A.C. 1/2サイズ タチコマ リアライズプロジェクト」


コミュニケーションロボット タチコマによる商品受け渡しサービス実証実験
東京・大阪で開催!

%e5%ae%9f%e8%a8%bc%e5%ae%9f%e9%a8%93%e2%91%a2
©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

共創アプリ「バーチャルエージェント・タチコマ」 好評配信中!


株式会社プロダクション・アイジー(以下、I.G)は、株式会社karakuri products(代表 松村 礼央、12月19日に法人化予定。以下、karakuri products)と協力し、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズの人気キャラクター「タチコマ」を活用した接客サービスの実証実験(以下、本事業)を、I.Gのオフィシャルストア「I.Gストア」ならびに「I.Gストア出張店」にて実施することを決定いたしました。同サービス実証実験は、12月23日(金・祝)よりスタートする渋谷マルイ「I.Gストア」を皮切りにスタートいたします。

今回の実証事業は「攻殻機動隊 S.A.C. 1/2サイズ タチコマ リアライズプロジェクト」の一環として進められるもので、具体的なサービス内容は、karakuri productsが12月16日(金)より配信するスマートフォンアプリ「バーチャルエージェント・タチコマ」内でユーザーが育成した「タチコマ」が、店頭のリアルエージェント・タチコマを通じて、アプリにて予約購入した商品を受取り体験を実験としておこなうものです。アプリと店頭のリアルエージェント・タチコマに同期させることで、ユーザーが育てた自分だけの「タチコマ」と現実世界で会うことができ、近未来テクノロジーが集結する『攻殻機動隊』の世界を体感いただけます。なお、本事業は経済産業省H28年度『ロボット導入実証事業』の一環としておこなわれるもので、ここで得た知見ならびに成果は、経済産業省を通じ、非製造業分野でのロボットの社会実装のために活用されます。

I.Gとkarakuri productsは、本事業を通して、商業施設や小売店舗などでの接客・案内サービスを可能するロボットのためのインフラ基盤の充実を目指します。また、I.Gは本事業に協力することで、アニメーションキャラクターによる、個人に適応した接客サービスという、国内外のアニメファンに訴求する新たな付加価値の創出および収益の拡大を目指しています。

遂に実現する『攻殻機動隊』の世界への第一歩を、どうぞこの機会にご体験ください。


%e5%ae%9f%e8%a8%bc%e5%ae%9f%e9%a8%93%e2%91%a1


【実証実験について】
◇実施場所
(a)〒150-0041 東京都渋谷区神南1-22-6
渋谷マルイ 7階 「I.G ストア」
期間:2017年1月2日~2017年1月15日

(b)〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 
アジア太平洋トレードセンター 「I.G ストア出張店」
期間:2017年1月19日~2017年1月30日

(c)〒545-8545 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1-43 59階
「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」 「I.G ストア出張店」
期間:2017年2月3日~2017年2月12日

◇仕様(アプリ連携型 コミュニケーションロボット「タチコマ」)
寸法: 約 1500 x 1400 x 1100 mm
重量: 約 60.0kg
制御:テレオペレーション方式、半自律制御

◇仕様(スマートフォンアプリ)
アプリ名称:「バーチャルエージェント・タチコマ」
デベロッパ:karakuri products / 株式会社カヤック
対応端末:iPhone、iPad、およびiPod touchに対応
対応OS:iOS 10.0 以降

【攻殻機動隊 S.A.C. 1/2サイズ タチコマ リアライズプロジェクト について】
攻殻機動隊 REALIZE PROJECT、株式会社 DMM.com、株式会社 karakuri products、海内工業株式会社、ならびに協賛企業各社が、I.G制作のアニメ「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX」シリーズに登場する「タチコマ」を題材に、コミュニケーションロボットの社会実装に取り組むプロジェクトです。
本事業で活用するアプリならびにロボット「タチコマ」は、その中間成果物です。今後は、小売店舗内での自律走行化や接客における物理作業の実現に向け、商業施設ならびに自治体・国と連携し、コミュニケーションロボットに求められるインフラ整備を通じて、国内外のファンの皆様に新しい接客体験の提供をおこないます。 

karakuri_products_logo rogo